“農家さん”を一括りにしてしまうことの無意味さ①

 前回のブログで書いた、市場流通と産直流通どちらが良いのか!?において、”市場流通”と”産直流通”のどちらが良いのか?という問いに対して、“それぞれの生産者と消費者次第!”と述べました。

 この、”それぞれの生産者と消費者次第”という結論の”それぞれ”という部分が、青果流通、そして農業の分野を正確に理解する上で非常に重要だと思う一方で、実は世間一般の人たちにはあまり正しく理解されていないのではないかと思うことが最近多かったりします。

 そこで、今回は、一般的に一括りにされやすい”生産者さん(一般的には農家さん)”という存在について、自分自身の足を使って得た経験(これまでにお会いした様々な営農スタイルの全国の生産者さんを数えると、おそらく300人以上にはなると思います)を元に流通との関係性と合わせて解説していければと思います。

 まずは結論からお伝えすると、

● 生産者さんは千差万別である

● 各生産者の営農スタイルに合った適切な流通はそれぞれ異なる

 一般的に一括りにされやすい生産者という存在ですが、営農場所・地域、栽培品目(品種)、圃場の面積、生産量、従業員数、栽培方法や栽培・営農ポリシー、使用する種、形態(個人、法人など)、新規参入者か、バックグラウンド(代々農業の家系かどうかなど)、年齢、営農歴、所得、経歴など、それぞれの生産者さんによって全く異なります。

 実際に青果の分野において様々な取り組みを行なってきた中で、それぞれの”生産者さん”を一括りにする無意味さを、業界内で活動する中で強く感じてきました。

 極端な例ですが、従業員やパートさんを数十名規模で抱え、北海道の大きな耕地でじゃがいもや人参などの定番野菜を慣行栽培で(農薬や化学肥料を使って)大量に生産する農業生産法人(農家さん)と、夫婦で埼玉の小規模な耕地で一般には出回らない珍しい種類の野菜を無農薬栽培でそれぞれ少量ずつ生産する個人の生産者さんを考えると、同じ”農家さん”として(最適な流通や販売方法を考える際に)両者を一括りにしてしまうことの誤りに気づいてもらえるかと思います。

 また、上記の生産者さんたちにおいて、両方に適している流通(農産物の販売方法)が同じではないことも理解してもらえるのではないかと思います。

 おそらく前者の生産者さんであれば、大きな数量を出荷(販売)できる市場や農協へ出荷しながら、量販店や飲食店チェーン、コンビニなどの食品ベンダーへ直接出荷をするといった大規模な流通が適しているはずです。

トラック&荷物

 後者の生産者さんであれば、個人店のような飲食店や個人の消費者へ宅配または宅急便を使って直接販売したり、マルシェなどに出店して作り手のこだわりや情報を発信しながら販売を行う比較的小回りのきく流通が適していることが多いように思います。

画像4

 一方で、世間では生産者(農家)さん=畑で農産物をつくる人といった感じで一括りにされることが多く、そうした誤った前提のもとで最適な流通とは?みたいな議論をしがちなように思います。

 上記のように、一口に生産者さんといっても営農スタイルは大きく異なっており、それぞれのスタイルに合った流通が最適な流通であるというのが紛れもない事実です。

 次回は経営的な観点から、それぞれの生産者と最適な流通の関係についてお伝えしたいと思います。